トップ  > 本日の講義  > 2019 8/3 リーダーシップ戦略①② 第1講

2019 8/3 リーダーシップ戦略①② 第1講

2019 8/3(土)9:30~銀座オフィスにて
ランチェスター社長塾「リーダーシップ戦略①②」第1講が開催されました。
第1章は

「リーダーシップの基本原則」

社長とか課長のように部下を持ち、部下と一緒に仕事をすすめる人はリーダーシップが必要です。
なぜなら、戦略を立てたあと、実際に行動として実践していくには部下の力が必要不可欠だから。

しかし、社長や上司のリーダーシップ力がなくても部下の実力や頑張りがあれば業績は良くなるのではないかと考える会社が多く存在します。

これに待ったをかける「実態調査」があったのです。
~部下の実力が高くて、上司の実力が低ければ会社はうまくいくでしょうか?~

リーダーシップ力とは「職務遂行知識」(仕事の能力)だけにとどまりません。

部下を動かす「人間力、コミュニケーション能力」や、そもそもの「熱意、能力」の3要素で成り立っております。

自分が思っているリーダーとしての資質の自己評価と、部下の評価にズレも生じます。
リーダシップ理論から、現状を導き出す必要もあります。
引き続き 第2章は
 
「仕事遂行能力の高め方」

従業員100人以下の社長の場合は、仕事の役目が大いに変わります。

中小企業の中でも従業員100人以下の社長を対象にして、
仕事遂行能力の高め方について、13項目に分けて説明していきます。

まず第2章では、1~9まで。

①現状分析
②実行の正しい手順を理解
③積極的な心構え
④時間戦略を実行
⑤~~忍耐力
⑥経営を構成する中心的な要因を理解
⑦利益性の原則を理解
⑧経営の目的…
⑨~~目標を決める
 

仕事遂行能力、人間力、社長の熱意願望の3次元で考えていきます。
自分はどの位置にいますか?
 
ただ業務の指示を出すだけがリーダーの役割ではないのです。
 
社長・リーダーの質が高いと、従業員も追随します。
しっかり学んでいきましょう。
 
 
 
 

山内経営株式会社
(経営者の学校)

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目8-2 天神ビルプラス8F

TEL:フリーダイヤル:0120-718950
電話:092-718-9500

FAX:092-724-4666