トップ  > 本日の講義  > 経営の基本原則と利益データ【顧客維持戦略①】

経営の基本原則と利益データ【顧客維持戦略①】

2020 1/20(月)の早朝7時からのランチェスター社長塾は、「顧客維持戦略」がスタートしました。


第1回目のテーマは
「経営の基本原則と利益データ」


黒字の会社は3割しかなく、7割の会社は赤字という厳しい経済環境が長く続いています。
どこの会社も経営改善に取り組んで、業績向上に努力をしていることと思います。
 
そういう中で、効果性が高く最も早く成果が出る方法があります。
 
それは顧客対応のレベルを高め、現在取引があるお客様を失わないようにすることです。
お客の評判がよくなると、流出客率が低下、また紹介で新規のお客様が見つかりやすくなります。
 
それを実行する前に「経営の基本原則」を一度押さえておきましょう。
 

経営の源で1位になることを目標に設定することが大切になります。


では、何が源なのかというと、それはお客様から頂く粗利益。


それを増やすためにはお客様の数を増やしていく必要があります。


そのためには、お客様から自社の商品やサービスを買っていただくように努力しなければなりません。


注意しなければならないことは、「商品」「地域」「客層」を絞って、戦略的に営業活動を行っていても、その過程である「お客様と直接接触する部分」でしくじっているケースが多いということ。


つまり、「顧客対応」の善し悪しは業績に深く影響しているのです。



多数の競争相手がいる中で、自社を選んでいただくには「お客様の自発性を促すことが大事」


つまり、お客様から


好かれて、気に入られて、喜ばれて、忘れられないようにしなければならない

ということです。

そして、中小企業の利益実態を説明しました。


次回は、お金がかからない業績を良くする方法を学びます。

山内経営株式会社
(経営者の学校)

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目8-2 天神ビルプラス8F

TEL:フリーダイヤル:0120-718950
電話:092-718-9500

FAX:092-724-4666