トップ  > 1万円以下の教材  > 2代目の経営戦略

2代目の経営戦略

新社長(2代目)の役目、そのやり方が正しくわかれば

目標がわかるので早く戦略実力が高くなります。

 


 

 

 

創業者から経営を引き継ぐ前の役職名が、専務や常務であっても担当している仕事内容は戦術係か戦術リーダーになります。もちろん戦術も大事ですが、経営全体では14%しかありません。

 

社長が担当するのは「広義の戦略」で、しかもこれが86%を占めるので新しく社長になった2代目社長はすぐに「経営戦略の研究」にとりかからなければなりません。何と何を、どのようにすれば良いか、やるべきことがわかっていないと正しく対処できません。

このCDでは新しく社長になった人は、何をどうすればよいかについてわかりやすく説明しているので、とても応用しやすくなっています。

 

 

 

≪目次≫

    1章 二代目からみた経営の問題点

       1.     経験不足が心配

       2.     会社の業績が自分の性格に合わない

       3.     主力商品のライフサイクルが衰退期になっている

       4.     小売業や飲食業では立地条件が変わる

       5.     業績は赤字続きになっている

       6.     借入金がとても多く資金繰りが苦しい

       7.     年上の従業員が何人もいてやりにく

       8.     社長になったものの父が経営を任せてくれない

       9.     私は大株主でオーナーだ

    2章 経営戦略をマスターする

       1.    実行手順を押え直す

       2.     従業員の人数で変わる社長の役目

       3.     社長が担当すべき大事な役目をはっきりさせる

       4.     経営を構成する要因のウェイト付

       5.     利益性の原則をはっきりさせる

       6.     戦略の内容を正しく理解する

       7.     強者の戦略と弱者の戦略をマスターする

       8.     1000社中400社は番外弱者

       9.     創業者の父と意見が合わない本当の理由

      10.   後継者は実行力を高めよ

      11.  「おやじを乗り超えよ」の間違った考え方

 

12,960円(税込) 

CD2枚 2時間22分 

テキスト付

 
 
 
 
指右お申し込みはこちら

 

山内経営株式会社
(経営者の学校)

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目8-2 天神ビルプラス8F

TEL:フリーダイヤル:0120-718950
電話:092-718-9500

FAX:092-724-4666