トップ  > お知らせ  > ランチェスター社長塾各講座のご案内

ランチェスター社長塾各講座のご案内

経営者の学校の講座内容についてご案内します。
 
経営者の学校の講座は、ランチェスター戦略に基づいて学び、考え、自社の経営に活かすための講座を取り揃えています。
 
異業種の経営者が集まっていますので、
さまざまな考えに触れることができ、また自社の方向性を再認識することもできます。
 
詳しくは各テキストをクリックしていただくと詳細画面をご覧いただけます。
 
①ランチェスター原則(前編)<全6回>


テキスト「ランチェスター法則による社長の差別化学習法」
第1回 原則(前編) 第一章 経営システムと経営の基本原則
第2回 原則(前編) 第二章 社長の差別化学習法



テキスト「戦略★社長 上位3%を目指して」
第3回 原則(前編) 第一章 現状分析と経営の構成要因
第4回 原則(前編) 第二章 利益性の原則と市場占有率
第5回 原則(前編) 第三章 戦略と戦術
第6回 原則(前編) 第四章 経営全体図と社長の実行力向上対策


①ランチェスター原則(後編)<全5回>


テキスト「社長の実行力の高め方」
第1回 原則(後編) 第一章 実行力の基本原則 
            第二章 仕事の質の高め方
第2回 原則(後編) 第三章 仕事時間の増やし方 
              第四章 積極的な心構えを持つ
 


テキスト「早解りランチェスター法則」
第3回 原則(後編) 第一章 経営の構成要因とランチェスター法則
            第二章 強者の経営
第4回 原則(後編)   第三章 弱者の経営戦略



テキスト「社長の簿記・会計」
第5回 原則(後編) 社長の簿記会計
 
 
②顧客戦略<全3回>
 
お客様に好かれ、気に入られ、喜ばれ、
忘れられないようにする「真心100%」
 
「1位作りの顧客維持戦略」
第1回 第一章 経営の基本原則と利益データ
第2回   第二章 お客から好かれて気に入られる
第3回 第三章 業務規則集作りと従業員教育
 
③営業戦略<全5回>
 
営業とは自分の商品・サービスを知っていただくこと
からスタートです。効果的なDMや広告の出し方も公開!

 
「ランチェスター法則による1位作りの営業戦略」
第1回 第一章 営業の基本原則
第2回 第二章 強者の営業戦略と弱者の営業戦略
第3回 第三章 市場占有率の高め方
第4回 第四章 販売担当者の実力の高め方
第5回 第五章 新しいお客の作り方
 
 
④地域戦略<全4回>
 
移動時間は利益を生まない!
特定の地域で特定の商品で特定の客層・業界で戦略的1位になる方法を学ぶ!

 
「1位作りの地域戦略」
第1回 第一章 経営を構成する要因と利益性の原則
    第二章 実行の手順とランチェスター法則
第2回 第三章 強者の地域戦略と弱者の地域戦略
第3回 第四章 1位の地域作りと陶山訥庵の戦略
第4回 第五章 1位の地域作り
    第六章 営業簿記を実行
           
 
 
⑤商品戦略<全4回>
 

非関連の多角化は破滅のもと。


自社が力を入れるべき商品・サービスは何なのか?

弱者の商品戦略を学べば競争相手よりも有利な条件で戦えます!

「1位作りの商品戦略」
第1回 第一章 経営の基本原則
第2回 第二章 強者の商品戦略
    第三章 弱者の商品戦略
第3回 第四章 商品のライフサイクル
    第五章 ポートフォリオ戦略
第4回 第六章 新商品開発の進め方
 
 
⑥組織戦略<全4回>

原則無視の組織拡大は命取り。
経営における「組織」の位置づけをしっかり把握し、会社の規模、目標を明確にしたうえで組み立てていく!
 
「1位作りの組織戦略」
第1回 第一章 経営の全体像と弱者の組織戦略
第2回 第二章 経営の構成要因と仕事に対する人の配分
    第三章 組織の階層と役割分担
第3回 第四章 人事・教育・賃金その1
第4回 第四章 人事・教育・賃金その2
 
⑦資金と経費戦略(財務戦略)<全4回>
 
「ランチェスター法則による資金と経費戦略」
第1回 第一章 経営を構成する要因と実行の手順
第2回 第二章 強者の資金戦略

    第三章 弱者の資金戦略。原則編。
第3回 第四章 弱者の資金戦略。実践編。
第4回 第五章 弱者の経費戦略。
 
⑧社長の実行戦略(時間戦略)<全3回>
 
「ランチェスター法則による社長の実行戦略」
第1回 第一章 実行力の基本原則
    第二章 仕事時間の拡大方法
第2回 第三章 時間の有効な使い方
第3回 第四章 仕事の質の高め方
 
 
⑨リーダーシップの戦略<全4回>
 
「ランチェスター法則による社長のリーダーシップ」
第1回 第一章 リーダーシップの基本原則
第2回 第二章 仕事遂行能力の高め方①
第3回 第二章 仕事遂行能力の高め方②
第4回 第三章 人間関係能力の高め方
    第四章 大事な要因の実行法 
 
 
⑩戦略名人<全6回>
 
          
「ランチェスター法則による戦略名人」
第1回 第一章 経営の基本原則と経営システム
1.経営を構成する中心的な要因を明確にする
  経営の全体図、その1、その2
2.経営を構成する中心要因のウエイト付
3.利益性の原則をはっきりさせる
4.強者の条件
5.1位になるとなぜ経常利益が多くなるか
6.株式上場企業で検証

 

第2回 第二章 戦略と戦術をマスター 
1.社長は経営に対する熱意と研究心を高める
2.経営の目的は強い商品作り、1位作りに定める
3.自社に合った目標を定める
4.戦術の語源はギリシャのタクティコースにある
5.戦術の語源はギリシャのストラテジアにある
6.経営に必要な情報を集める
7.重要なものは計画的に革新する
8.実行手順のウエイト付
9.業績の何%が社長1人の経営実力で決まるか
10.竹田ビジネスモデル(経営の全体図)
11.経営全体のウエイト付
 
第3回 第三章 ランチェスター法則
1.ランチェスターの法則。第1、第2
2.2種類の戦略概念
3.2種類の経営戦略概念
  ①優勢企業の戦略 
  ②劣性企業の戦略
4.理想的な経営とは生産性の向上になる
 
    第四章 強者の経営戦略
1.総合1位主義
2.市場規模が大きな市場を重視
3.商品、営業地域、客層の範囲は広くする
4.卸会社を使った間接販売をする
5.テレビや新聞など、マス広告を積極的に使う
6.資金力を生かして新製品の開発には力を入れる
7.経営の重要なところは思い切って革新する
8.量を重視した経営をする。他
 
第4回 第五章 弱者の経営戦略 その1
1.社長は1位作りに強い願望と強い研究心を持つ
  ①積極的な心構えを持つ
  ②逆また真なりの法則を応用
  ③強い向上心と研究心を持つ
  ④意欲と向上心
2.弱者は強い会社を攻撃しない
3.弱者は強い会社と違った経営をする
4.目標の発見は細分化して考える
 
第5回 第五章 弱者の経営戦略 その2
5.市場規模が小さな商品に力を入れる
  A.1位を目ざす重点商品の決め方
    B.商品の範囲は狭くする
6.市場規模が小さな地域に力を入れる
  A.1位を目ざす重点地域の決め方
  B.弱者は営業地域の最大範囲を狭くする
7.業界と客層の決め方
  A.市場規模が小さな業界・客層に力を入れる
  B.弱者は業界と客層の範囲を狭くする
8.メーカーは流通手段を少なくする
9.弱者の営業戦略
10.顧客維持の戦略
 
第6回 第五章 弱者の経営戦略 その3
11.1位になれるだけの経営力を投入する
12.弱者は軽装備を守る
13.社長は時間戦略を実行する
14.重要な経営情報は社外に流さない
15.経営システム全体の整合性をチェック
   A.経営の結果は利益に現れる
   B.従業員1人当たりの純利益
16.業績不振6つの原因(完)

山内経営株式会社
(経営者の学校)

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目8-2 天神ビルプラス8F

TEL:フリーダイヤル:0120-718950
電話:092-718-9500

FAX:092-724-4666