トップ  > 1万円以下の教材

1万円以下の教材

  • <<前へ
  • [ 6件中 1件~6件を表示 ]
  • 次へ>>

CD『社長の財務戦略と経理のコストダウン対策』

財務が簡単に解り経理作業が4割コストダウンできる隠れた秘訣 中小企業の社長にとって、財務や会計はとっつきにくい仕事になるので、弱点のひとつになっています。でも安心して下さい。ランチェスター法則を財務に応用すると、資金の配分方法が簡単に解ります。さらに弱者の戦略ルールを経理に応用すると、経理の仕事が4割コストダ...

詳細を見る>>

2代目の経営戦略

新社長(2代目)の役目、そのやり方が正しくわかれば目標がわかるので早く戦略実力が高くなります。 創業者から経営を引き継ぐ前の役職名が、専務や常務であっても担当している仕事内容は戦術係か戦術リーダーになります。もちろん戦術も大事ですが、経営全体では14%しかありません。 社長が担当するのは「広義の戦略」で、しか...

詳細を見る>>

営業力強化4つの対策

 営業地域の決め方と、お客の作り方や維持の仕方が経営全体の53%を占める 実際に経営を進めるにはいろんな仕事が必要になりますが、営業地域の決め方を初めとして、お客の作り方や作ったお客の維持の仕方など、いわゆる「広い意味での営業対策」が、経営全体の53%を占めます。もしここが弱かったら競争に勝てません。 厳しい...

詳細を見る>>

社長の経営戦略

社長の実力を高める4大要因のレベルを高めれば1人当たりの純利益が業界平均の2~3倍多くなります。 従業員100人以下の会社では、業績の90%以上が社長1人の経営実力で決まります。難しい経済環境が続いている中、1人当たりの純利益を業界平均の2倍~3倍出して良い会社にするためには、社長の経営実力を同業者100人中...

詳細を見る>>

ドラッカー経営学とランチェスター

ドラッカー経営学の説明に出てくる会社の従業員数は3万人も4万人もいる大会社が対象になっています。しかし、会社の98%は100人以下の会社なのです。 経営学を学びたいものにとって、ドラッカー経営学は絶対に欠かせません。しかし、その説明は難解な上、いくつかの問題点もあります。それにランチェスター法則を補足すると、...

詳細を見る>>

戦略実力で地元№1を目指す「社長の自己啓発」

自己啓発といえば、社長の中には「従業員がするものだ」と思っている人がいるでしょう。確かにそうですた、業績を良くして同業者から注目される立派な会社になるには、まず社長自身がより熱心に取り組まなければなりません。 <目次> 1- 同業者100人中、戦略実力で1番を目ざす 1 -1 業績の何割が社長1人の戦略実力で...

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • [ 6件中 1件~6件を表示 ]
  • 次へ>>

山内経営株式会社
(経営者の学校)

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目8-2 天神ビルプラス8F

TEL:フリーダイヤル:0120-718950
電話:092-718-9500

FAX:092-724-4666